読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

試纏

ためしてまとめる〜色々なトピックやテーマについて試してみたり、まとめてみたりするブログです。

クラウドスキル体験学習プラットホーム『Qwiklabs』で学習可能なAWSの内容について

AWS

f:id:shinyaa31:20170221092341p:plain:w200

AWSを個人で学ぶ場合、アカウント開設後の無料利用期間で可能な範囲のリソースを使って学習に充てる事が出来ますが、その範囲も限られています。安価なインスタンスタイプやリソースであれば個人の範囲内で(費用的にも)収まるでしょうが、サービスによっては高価な利用費を要する場合もあるので全てのサービスについて学んで行く、というのも難しいでしょう。

Qwiklabsというサービスを使うと、AWSのサービスについて安全かつ効率的に学習して行く事が出来ます。当エントリではQwiklabsで学習出来る内容について見てみたいと思います。

Qwiklabsとは

Qwiklabsは実際のシナリオに基づいたユースケースを元にしたコンテンツで構成された実践的なハンズオン学習環境です。ラボではシミュレーションやデモの環境では無く、学習したい実際の環境にアクセスする事が出来ます。インターネットにアクセス出来る場所であればどこからでもアクセス可能です。多くのラボでは実行に際してラボのクレジットやアクセスキーが必要となります。

2016年11月にはGoogleがこのサービスを買収しています。現時点では当エントリで紹介するラボやクエストが利用可能となっていますが、この内容がアップデートされたり新しいものが増えるかどうかについては現時点では不明だそうです。またGoogleが買収したという事でGoogle Cloud Platformの学習コースも出てくるのかな?と思いますが、現時点ではまだ出てはいないようです。

f:id:shinyaa31:20170212031034p:plain:w600

月額定額($55.00)の『アドバンテージサブスクリプション』プランを適用すると、全てのラボが利用出来るようになります。ラボの学習内容とは関係無いサービスであったり、対象外となるインスタンスタイプを選択出来ない等の制限はありますが、同じラボを何度でも実践出来ますので納得の行くまでサービスを触る事が可能です。

学習可能なクエスト&ラボ

アカウントを作成、サインインを行うと以下の様な形でラボ(任意のテーマに基づいた学習コマ:30分〜1時間程度の時間枠で出来るレベルのボリューム)及びクエスト(ラボの集まり)を選択する事が出来ます。2017年02月現在でのリストはラボ数132、クエスト数22となっています。

f:id:shinyaa31:20170209220415p:plain:w600

以下はそれらの文字情報を抜き出したものとなります。レベル感やテーマについて、広範囲をカバーした内容となっています。認定試験準備のためのクエストや、Alexaに関するものも用意されているのは嬉しいですね。

Use Case (Beginner)

Websites & Web Apps

This quest is designed to teach you how to work with AWS services 
to develop and manage marketing websites on the cloud.
  • Creating Amazon EC2 Instances (for Linux)(日本語版)
  • Creating Amazon EC2 Instances with Microsoft Windows(日本語版)
  • Introduction to AWS Identity and Access Management (IAM) (日本語版)
  • Using Open Data with Amazon S3(日本語版)
  • Working with Elastic Load Balancing(日本語版)
  • Maintaining High Availability with Auto Scaling (for Linux)(日本語版)
  • Building Your First Amazon Virtual Private Cloud (VPC)(日本語版)

Big Data on AWS

This quest is designed to teach you how to work with AWS services 
to manage big data on the cloud.
  • Creating Amazon EC2 Instances (for Linux)(日本語版)
  • Creating Amazon EC2 Instances with Microsoft Windows(日本語版)
  • Introduction to Amazon Elastic MapReduce (EMR)
  • Working with AWS Elastic Beanstalk(日本語版)
  • Building Your First Amazon Virtual Private Cloud (VPC)(日本語版)
  • Using Open Data with Amazon S3(日本語版)
  • Working with Amazon Elastic Block Store (EBS)(日本語版)

Digital Media

This quest is designed to teach you how to work with AWS services to store,
manage, and share digital media on the cloud.
  • Creating Amazon EC2 Instances (for Linux)(日本語版)
  • Creating Amazon EC2 Instances with Microsoft Windows(日本語版)
  • Introduction to Amazon DynamoDB(日本語版)
  • Working with Elastic Load Balancing(日本語版)
  • Maintaining High Availability with Auto Scaling (for Linux)(日本語版)
  • Working with Amazon Elastic Block Store (EBS)(日本語版)
  • Using Open Data with Amazon S3(日本語版)

Use Case (Experienced)

Websites & Web Apps

In this quest, you’ll learn to work with more advanced techniques for managing websites 
and webserved content with AWS services.

Big Data on AWS

This quest is designed to teach you how to work with AWS services
to perform big data analytics on the cloud.
  • Working with Amazon DynamoDB(日本語版)
  • Launching Amazon EC2 Spot Instances with Auto Scaling and Amazon CloudWatch(日本語版)
  • Working with Amazon Redshift(日本語版)
  • Launching GeoServer on AWS(日本語版)
  • Exploring Google Ngrams with Amazon EMR(日本語版)
  • Building Real-Time Dashboards with Amazon Kinesis Dynamic Aggregators(日本語版)
  • Advanced Amazon Redshift: Analytics and Amazon Machine Learning

Digital Media

This quest is designed to teach you how to work with AWS services
to build and scale digital media applications on the cloud.
  • Caching Static Files with Amazon CloudFront
  • Working with AWS OpsWorks(日本語版)
  • Automating AWS Services with Scripting and the AWS CLI
  • Streaming Dynamic Content using Amazon CloudFront
  • Building a Media Sharing Website - Part 1: Media Upload(日本語版)
  • Building a Media Sharing Website - Part 2: Transcoding(日本語版)
  • Building Search into your Applications with Amazon CloudSearch

Security on AWS

In this quest, you’ll start by learning the basics of IAM and security-related features and tools
such as Security Groups, VPCs, and the AWS Web Application Firewall.
Then you'll tie these foundations together with AWS Lambda, CloudTrail, CloudWatch, EMR,
Elasticsearch and Key Management Service to automate monitoring, alerting,
and data mining the reports and logs of these tools to identify and report on security events.
  • Introduction to AWS Identity and Access Management (IAM) (日本語版)
  • Performing a Basic Audit of your AWS Environment
  • Monitoring Security Groups with Amazon CloudWatch Events
  • Update Security Groups Automatically Using AWS Lambda
  • Visualizing Security Groups with Amazon Elasticsearch Service
  • Protect Web Applications using AWS WAF
  • EMR File System Client-side Encryption Using AWS KMS-managed Keys

Service Area

Serverless Web Apps using Amazon DynamoDB

In this quest, you’ll learn to use the foundations for AWS serverless applications:
Amazon DynamoDB, AWS Lambda, and Amazon API Gateway.
Then you'll tie the three services together to build a functional and fun serverless web app, 
and deploy it live on the web.

Alexa Skills Development

The labs in this Quest will teach you how to create working voice-response Alexa skills.
You will learn how to create Lambda functions triggered by Alexa voice input,
and then integrate these functions with invocations and utterances stored
in the Amazon Developer Portal.
You will learn how to leverage the Alexa Skills Kit templates provided in these labs
to develop your own Alexa skills.
  • Introduction to AWS Lambda (日本語版)
  • Working with Alexa: Build a Fact Skill
  • Working with Alexa: Build a How-To Skill
  • Build an AWS Lambda Function for an Alexa Skill (Amazon Echo)
  • Working with Alexa: Build a Trivia Skill
  • Working with Alexa: Build a Flashcard Skill
  • Working with Alexa: Build a Decision Tree Skill

Serverless Design with AWS Lambda

The labs in this quest will teach you how to integrate services with AWS Lambda functions,
and how to create real-world applications without requiring launching and maintaining servers.

Advanced Operations Using Amazon Redshift

The labs in this quest will provide hands-on experience with the practical aspects of loading,
manipulating, querying, and connecting to Amazon Redshift to gain insight and business benefit from large data sets.
  • Introduction to Amazon Redshift (日本語版)
  • Working with Amazon Redshift(日本語版)
  • Using Tableau Desktop with Amazon Redshift
  • Advanced Amazon Redshift: Data Loading
  • Advanced Amazon Redshift: Table Layout and Schema Design
  • Advanced Amazon Redshift: Analytics and Amazon Machine Learning
  • Advanced Amazon Redshift: Performance Tuning

Compute & Networking

This quest is designed to teach you how to work with AWS services for Compute and Networking.
  • Creating Amazon EC2 Instances (for Linux)(日本語版)
  • Creating Amazon EC2 Instances with Microsoft Windows(日本語版)
  • Working with Elastic Load Balancing(日本語版)
  • Maintaining High Availability with Auto Scaling (for Linux)(日本語版)
  • Using Dynamic Registration and Dashboards for Amazon EC2 Instances
  • Building Your First Amazon Virtual Private Cloud (VPC)(日本語版)
  • Launching Amazon EC2 Spot Instances with Auto Scaling and Amazon CloudWatch(日本語版)
  • Creating an Amazon Virtual Private Cloud (VPC) with AWS CloudFormation(日本語版)

Deployment & Management

This quest is designed to teach you how to work with AWS services for Deployment and Management.
  • Bundling Amazon EBS-Backed AMIs(日本語版)
  • Launching and Managing a Web Application with AWS CloudFormation(日本語版)
  • Creating an Amazon Virtual Private Cloud (VPC) with AWS CloudFormation(日本語版)
  • Auditing Your Security with AWS Trusted Advisor
  • Auditing Changes to Amazon EC2 Security Groups(日本語版)
  • Working with AWS OpsWorks(日本語版)
  • Working with AWS Elastic Beanstalk(日本語版)
  • Deploy a Java EE Application on AWS Elastic Beanstalk Using Docker Containers

Storage & CDN

The labs in this Quest are designed to give you hands on experience with: creating, managing,
and sharing content from buckets in S3; setting up and managing the distribution of streaming
and static content with CloudFront; and understanding how to create and attach storage volumes
to EC2 instances with EBS.

AWS for Windows

Programming Windows on AWS

In this quest, you’ll use Visual Studio to build C# programs with Amazon SQS, Amazon SNS,
Amazon S3, Amazon DynamoDB, and AWS Security Token Service.
You'll also use node.js to learn event-driven cloud programming with Amazon Lambda.

Corporate Apps on AWS for Windows

This quest is designed to help you navigate through a sequence of related topics 
and AWS services as it relates to Corporate Apps on AWS for Windows, such as Exchange and SharePoint.

Databases on AWS for Windows

This quest is designed to help you navigate through a sequence of related topics and
AWS services as it relates to Databases on AWS for Windows, like Microsoft SQL Server and Amazon RDS for SQL.

SysAdmin on AWS for Windows

This quest is designed to help you navigate through a sequence of related topics
and AWS services as it relates to SysAdmin on AWS for Windows, including services
to deploy and manage your Microsoft Windows-based environment in the AWS cloud.

Exam Prep

Solutions Architect - Associate

This quest is designed to help you get hands-on practice with several key services
which are addressed in the AWS Certified Solutions Architect – Associate exam blueprint.
Practice fundamental and advanced concepts for working with Amazon EC2,
Amazon CloudFront, Amazon EBS, AWS IAM, and Amazon VPC
  • Introduction to AWS Identity and Access Management (IAM) (日本語版)
  • Building Your First Amazon Virtual Private Cloud (VPC)(日本語版)
  • Working with Elastic Load Balancing(日本語版)
  • Maintaining High Availability with Auto Scaling (for Linux)(日本語版)
  • Working with Amazon Elastic Block Store (EBS)(日本語版)
  • Creating Amazon EC2 Instances (for Linux)(日本語版)
  • Creating Amazon EC2 Instances with Microsoft Windows(日本語版)
  • Caching Static Files with Amazon CloudFront
  • Launching Amazon EC2 Spot Instances with Auto Scaling and Amazon CloudWatch(日本語版)
  • Creating an Amazon Virtual Private Cloud (VPC) with AWS CloudFormation(日本語版)

Developer - Associate

This quest is designed to help you get hands-on practice with several key services
which are addressed in the AWS Certified Developer – Associate exam blueprint.
Practice fundamental and advanced concepts for working with Amazon Simple Storage Service,
AWS IAM, Amazon DynamoDB, Amazon API Gateway, AWS Lambda, AWS Elastic Beanstalk,
AWS Security Token Service, Amazon CloudFront and Auto Scaling.
  • Introduction to AWS Identity and Access Management (IAM) (日本語版)
  • Introduction to AWS Lambda (日本語版)
  • Introduction to Amazon API Gateway
  • Programming AWS Security Token Service (STS) with .NET
  • Building Scalable Web Applications with AWS Elastic Beanstalk (日本語版)
  • Serverless Architectures with Amazon DynamoDB and Amazon Kinesis Streams with AWS Lambda
  • Serverless Architectures using Amazon CloudWatch Events and Scheduled Events with AWS Lambda
  • Maintaining High Availability with Auto Scaling (for Linux)(日本語版)
  • Caching Static Files with Amazon CloudFront
  • Launching and Managing a Web Application with AWS CloudFormation(日本語版)

SysOps Administrator - Associate

This quest is designed to help you get hands-on practice with several key services
which are addressed in the AWS Certified SysOps Administrator – Associate exam blueprint.
Practice fundamental and advanced concepts for working with AWS IAM, Amazon EC2,
Amazon EBS, Amazon RDS, Amazon VPC, Auto Scaling, AWS CLI, and AWS CloudFormation
  • Introduction to AWS Identity and Access Management (IAM) (日本語版)
  • Creating Amazon EC2 Instances (for Linux)(日本語版)
  • Creating Amazon EC2 Instances with Microsoft Windows(日本語版)
  • Bundling Amazon EBS-Backed AMIs(日本語版)
  • Working with Elastic Load Balancing(日本語版)
  • Using Amazon RDS for Applications(日本語版)
  • Performing a Basic Audit of your AWS Environment
  • Building Your First Amazon Virtual Private Cloud (VPC)(日本語版)
  • Maintaining High Availability with Auto Scaling (for Linux)(日本語版)
  • Automating AWS Services with Scripting and the AWS CLI
  • Launching and Managing a Web Application with AWS CloudFormation(日本語版)

Solutions Architect - Professional

This quest is designed to help you get hands-on practice with several key services
which are addressed in the AWS Certified Solutions Architect –Professional exam blueprint.
  • Working with AWS Elastic Beanstalk(日本語版)
  • Building a Media Sharing Website - Part 1: Media Upload(日本語版)
  • Working with Amazon CloudFront for Dynamic Content Acceleration(日本語版)
  • Working with Amazon DynamoDB(日本語版)
  • Building Scalable Web Applications with AWS Elastic Beanstalk (日本語版)
  • Hosting WordPress Using Amazon S3(日本語版)

まとめ

AWSを学ぶ際の一つの取っ掛かりとして、この『Qwiklabs』は適していると思います。『アドバンテージサブスクリプション』についても、一定額費用が必要となりますが"使い放題"というのはかなり魅力的なプランとなっていると思います。AWSスキル向上の為にも是非活用を検討してみてはいかがでしょうか。

Developers Summit 2017に参加してきた #devsumi

レポート 勉強会 イベント

f:id:shinyaa31:20170220082614p:plain:w450

2012年以降、毎年継続して参加している『Developers Summit』。今年2017年も有給休暇を取って二日間フルに参加して来ました。 (今年2017で6年連続6回目)また、参加枠としてもこちらも2013年以降継続した形となっている『PRESS枠』としての参加です。 (今年2017で5年連続5回目)

PRESS枠=CodeZineへの寄稿という形となりますが、その辺りの詳細については下記エントリをご参照ください。

参加したセッションの内容については主にCodeZineへ寄稿する形となるため詳細は割愛しますが、それぞれの一言感想などを書き記しておきたいと思います。

DAY1: 2017/02/16(木)

この日参加したのは計4セッション。

【16-C-1】 コネクティッドカーがもたらすモビリティの可能性と日産自動車における挑戦

f:id:shinyaa31:20170217203135p:plain:w600

IoTという括りでこの辺りの業界とは関連してくるのかなーとは思っていましたが、想像以上にソフトウェア開発の部分が密接に関連してくる分野になってるんだなと実感。聞いていてとてもワクワクするような内容でした。

【16-D-L】 エンジニアが働きたい場所で働けるために、チームに必要なこと

f:id:shinyaa31:20170217203420p:plain:w600

今の職場が割と自由というか、融通を効かせる事が出来ているのでそこまで考えた事は無かったけれども世間一般的にはやはりまだ色々な問題や課題があるのだなぁと実感。ランチセッションの為30分と短めでしたが、在宅勤務やリモートワークの実現・移行を検討している方には参考になるセッションだったと思います。

【16-B-5】 AI礼賛時代にエンジニアはいかにしてサバイブすべきか

f:id:shinyaa31:20170217203818p:plain:w600

『セッション公募を通すために、"刺さる"タイトルにした』と登壇者の下田さんが言う通り、参加者の私としても結構刺さりました。『どう使うか』と『キャリアとしてどう考えるか』の大きく2つに分けて向き合い方を解説されていたのはとても分かり易く参考になりました。やっぱ数学には向き合わないとアカンのね…(しろめ

【16-D-7】 Windows Holographicと始める 新しいコンピューターの形

f:id:shinyaa31:20170217204000p:plain:w600

HoloLensという技術に関して『どんなもんなんだろう?』という純粋な関心で聴講。すげーっすね。セッション開始前に体験しに行ってれば良かったと若干後悔(レポート書き業等でちょっと時間取り辛かった)。そしてお値段もすげーっすね…(しろめ

DAY2: 2017/02/17(金)

基本的にデブサミについては仕事に関わりそうなジャンルのもので選ぶか、もしくは単純にタイトルで惹かれたものをチョイスするか。個人的な興味関心だとビッグデータAWS・分析周りなどが仕事で絡んで来るテーマなのでその辺りのチョイスで偏った感のある2日目でした。

【17-B-1】 きゅうり農家から保険会社まで、機械学習を「民主化」するTensorFlow

f:id:shinyaa31:20170219232807p:plain:w600

登壇者のGoogle佐藤さん、デブサミの前に海外イベントに行ってたというところがすごい…やっぱりこの手のライブラリ等は、分からないながらも一回使ってみる、試してみるというのが大事そうだという事が分かりました。どこかで時間見つけてGoogle周りも触って行こう。

【17-B-2】 完全ベンダーロックインのMicroservices / DevOps でマイクロソフトに貢献しよう!

f:id:shinyaa31:20170220025947p:plain:w600

このセッションについては寄稿対象外、単純に興味本位で聴講させて頂きました。 牛尾さんがどんな面白い発表を繰り広げてくれるのか期待していた部分もあったのですが予想を超えてくる形で会場を沸かし、また熱いトークが聴けたと思っています。腕立て伏せをステージ上でやるとは思わなかったw

セッション終盤、会場のWiFi回線状況が激悪で牛尾さん発表のデモに致命的なダメージがあったというところが勿体無いというか、残念なポイントでした。雅叙園の通信環境、今年は輪を掛けて悪かったような気がします…(A・B会場あたりはテザリングでさえまともに繋がらなかった)

【17-A-3】 サーバレスにおける開発プロセス戦略

f:id:shinyaa31:20170220030623p:plain:w600

今回聴講したセッションの中では一番AWS色が濃いヤツでした。サーバーレスなアーキテクチャを実際導入・運用されている方々のディスカッションという事で45分の中身が非常に濃いものだったと思っております。

【17-B-4】 DeNA機械学習基盤と分析基盤

f:id:shinyaa31:20170220031623p:plain:w600

興味のあった分析基盤セッションその1。AIを絡めた分析環境構築のノウハウもさる事ながら、終盤に紹介されたデータ駆動ワークフロー『Triglav』の内容についても非常に気になるセッションでした。

【17-B-5】 スタディサプリを支えるデータ分析基盤 ~設計の勘所と利活用事例~

f:id:shinyaa31:20170220031717p:plain:w600

興味のあった分析基盤セッションその2。ジョブ管理ワークフローとしてEmbulk/Luigi/Digdagを併用活用しているとの内容でしたが、このあたりは全ての処理を1つのツールで統一するのでは無く用途に応じたツールを併用して使うというのがベストな感じになるんでしょうかね。無理に統一させるよりかは併用の方が良いかとは思いますが、ツール間で連携を取るなどの対応が必要になった時にどうするのかは気になるところ。

【17-C-7】 Pythonを使ったデータサイエンスの全体像と可能性

f:id:shinyaa31:20170220032614p:plain:w600

デブサミ2017聴講セッション最後はこちら。仕事でPythonを使う事が多くなってきたのでチョイスしてみました。登壇者の方の語り口が軽妙でとても面白かったですね。内容についてもどういうものを使っていけば良いのかという観点で取っ掛かりを得やすいような内容・構成だったと思います。

さいごに

上記で言及したセッションについては一応(1つを除いて)一通りの寄稿レポートに関するメモは取った形となっています。今後適宜(CodeZineへの)寄稿レポートとして展開・公開して行ければと思っております。公開の際には寄稿しましたエントリ&こちらのエントリにも情報を追記する予定です。(※現在鋭意情報まとめ&執筆中!)

macOS上でpsqlコマンド実行時に『dyld: lazy symbol binding failed』と出た時の対処方法について

Mac PostgreSQL 環境設定

f:id:shinyaa31:20170213134259p:plain:w200

先日、Mac OS上にインストールしていたpsqlコマンドを使って任意のDBにログインを試みていた際、以下のエラーが出るようになってしまっていました。それまでは使えていたのだが、何かの拍子でこういう状況になってしまったらしい。特に思い当たる節は無かったのですがこれは困る、という事で幾つか試行錯誤した記録を残しておこうと思います。OSはmacOS Sierra(10.12.3)、PostgreSQLは9.6.2です(でした?)

続きを読む

『ゼロから作るDeep Learning』実践記録 3章:ニューラルネットワーク (2).多次元配列の計算

Deep Learning Python Intellij IDEA 読書・実践記録

f:id:shinyaa31:20170116084551j:plain:w200

書籍3章、活性化関数の次のトピックは『多次元配列の計算』。Numpyを用いたこの手の計算方法について非常にシンプルな例を交えての実践内容となります。

続きを読む

はてなブログを使い始めた時に使いそうなTipsまとめ

ブログ

f:id:shinyaa31:20170212043018p:plain:w200

今回改めてこちらのブログ『試纏』を立ち上げた訳ですけれども、立ち上げに際して設定するブログの記法を『Markdownモード』で設定して使ってみる事にしてみました(というかしてみています)。

続きを読む

これまで書いてきた勉強会&イベントレポート (300本超) の総まとめ

勉強会 レポート ブログ

f:id:shinyaa31:20170210210858p:plain:w200

当ブログは開設からまだ1ヶ月少々しか経ってないですが、実は過去にも個人ブログを書いており、そのブログ上では勉強会やイベントレポートを結構な頻度で書いていました。また併せて勉強会参加が縁でWebメディアに記事を寄稿したりもしていました(こちらについては現在も継続中)。ある時期(転職)を境に勉強会・イベントレポートに関しては会社ブログの方で書き連ねて行ってたので個人ブログの方はさっぱりな状況になっていましたが、執筆した本数を数えてみたら結構な本数(タイトルの通り、300本超!)になっていたので、ここいらでそれら情報を振り返りつつ整理してみたいと思います。

続きを読む

『ゼロから作るDeep Learning』実践記録 3章:ニューラルネットワーク (1).活性化関数

Deep Learning Python Intellij IDEA Mac 読書・実践記録

f:id:shinyaa31:20170116084551j:plain:w200

先月末からちょっと忙しくなって以来、当ブログも更新が滞ってしまいました。隙間時間を見つけてちょっとずつでも進めて行こう、投稿して行こうと書いた矢先にこれじゃぁいかんいかん。という事でこちらの読書・実践シリーズも進めて行こうと思います。

今回からは3章『ニューラルネットワーク』。1章2章の様に章を丸ごと1エントリで、というには厳しそうなボリュームと難易度っぽいので小分けにしつつ取り組んでみたいと思います。

続きを読む